ニュース日和

様々なニュースを堪能しましょう

【10秒で知る】高齢女性に無断でペイペイ登録?ソフトバンク代理店の元店長逮捕

 

福岡県筑紫野市ソフトバンク販売代理店で、元店長の男性が、高齢女性のスマホを操作し、本人の許可を得ないままPayPayの利用登録を行い、無断でPayPay決済をしたとして逮捕されました。

 

70代客に無断でペイペイ登録か ソフトバンク代理店の元店長逮捕 | 毎日新聞

 

 

 

 

「無断でPayPay」についてさらに知りたい方は、以下をご参照ください。

 

 

 

 

高齢者の弱みに付け込んだ悪質な犯罪

 『PayPay』は有料サービスの支払いを手軽に行うことができるスマホアプリです。ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社が運営しており、2022年1月29日時点で登録者数は4,500万人を突破しているそうです。

 「ソフトバンクの販売代理店では、スマートフォンの利用者がPayPayを登録・利用することで評価・実績が上がる」という話も出ており、今回の犯行の動機なのではないかと見られています。(逮捕された元店長は容疑を否認していますし、ソフトバンクも評価方法を明らかにしていませんので、この話の真偽は不明です。)

 仮に、この話が本当だとすれば、高齢者の弱みに付け込んだ悪質な犯罪であり、断じて許されるものではありません。

 

「PayPay」の登録者数が4,500万人を突破! | PayPay株式会社

 

 

 

 

不要なアプリはインストールしない

 昔はパソコンを購入すると、不要なソフトウェアが予めたくさんインストールされているのが一般的でした。パソコンを買い替える度に、まず不要なソフトウェアを削除することから始めていたのを思い出します。

 近年ではパソコンではあまり見られなくなったのですが、その代わりにスマートフォンで契約時に不要なアプリがたくさんインストールされているようになりました。中には、一度アプリをインストールしないと割引特典などが適用されない、といったものも見受けられます。

 若い方であれば、そのアプリがどういうもので、自分に必要なのかどうか、利用料金がかかるのかどうか、といった事項を判断しやすいのですが、高齢者の方だと中々難しい気がします。

 アプリの開発者・運営者の都合もありますので、あまり強く言えないのですが、やはり、自分にとって不要なアプリは削除するみだりにアプリをインストールしないといったことを意識するのがよいのではないかと思います。