ニュース日和

様々なニュースを堪能しましょう

【10秒で知る】朝から大雨 「戻り梅雨」って何?

 

東海地方は今朝から大雨となっています。

 

6月27日に過去2番目の早さで梅雨明けが発表された東海地方でしたが、7月3日は朝から大荒れの天気となりました。来週は「戻り梅雨」となる可能性がある他、台風が襲来する恐れもあります。

 

 

 

 

「戻り梅雨」についてさらに知りたい方は、以下をご参照ください。

 

 

 

 

「戻り梅雨」とは?

 先週、日本各地で梅雨明けが発表され、異例の早さでの梅雨明けが話題となりました。その後、晴れの日が続いたことにより、連日の猛暑・酷暑となり、水不足や電力不足が懸念されていました。

 しかしながら、日曜日となる7月3日は、西日本を中心に強い雨が降りました。週間予報でも西日本は曇りや雨の日が多くなっており、「戻り梅雨」の可能性も指摘されています。「戻り梅雨」とは、梅雨明けをもたらした太平洋高気圧が、その後勢力を弱めることで再び梅雨のような曇りや雨の日が続く珍しい現象です。

 

 

minamogames.hatenablog.com

 

 

 

 

手放しでは喜べない「戻り梅雨」

 再び雨の日が続くことで、一時期ののような猛烈な暑さは和らぎ、また、懸念されていた水不足や電力不足も幾分解消されるため、恵みの雨とも言えます。

 ただし、暑さは和らぐものの最高気温は30度前後となる見込みで、蒸し暑い日が続くようです。曇りや雨の日でも熱中症になる危険性はあり、冷房やこまめな水分補給は欠かせません。

 また、7月1日に発生した台風4号が、今週いっぱいにかけて日本列島を横断する見込みで、激しい雨や暴風、土砂災害などに警戒する必要もあります。

 そもそも、一度梅雨明けしたのに再び雨の日が続いたり、7月前半のこの時期に台風が日本列島に接近したりすること自体が異例で、異常気象とも言えます。気象庁も予測がしづらく、災害などへの対応も難しくなります。各自が天気予報などの情報を把握し、万が一の事態に備えをして、被害を最小限に留められるよう努めたいです。

 

週間天気予報 猛烈な暑さはやわらぐ 台風4号の動向に注意(ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース

 

台風4号 5日に九州に接近・上陸か 西・東日本の太平洋側を中心に広く大雨の恐れ(tenki.jp) - Yahoo!ニュース