ニュース日和

様々なニュースを堪能しましょう

【10秒で知る】脅威的な感染力のコロナ変異種「BA2.75.(ケンタウロス)」の恐怖

 

「BA5.」より感染力の強いコロナ変異種が確認されているようですが…。

 

現在主流となりつつあるコロナ変異種「BA.5」よりさらに感染力の強い「BA.2.75(ケンタウロス)」がインドなどで確認されました。「BA.5」の3倍以上の速度で感染が広まっているとみられます。

 

最強級の感染力…コロナ「ケンタウロス」の感染者を韓国で初確認(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

「BA.2.75(ケンタウロス)」についてさらに知りたい方は、以下をご参照ください。

 

 

 

 

「BA.2.75(ケンタウロス)」の詳細

 「BA.2.75(ケンタウロス)」は、新型コロナウイルスのオミクロン株の新たな変異種で、2022年5月26日にインドで初めて確認されました。その後、アメリカや欧州などでも確認され、現在感染が拡大しているコロナ変異種「BA.5」からの置き換わりが進みつつあります。

 現在日本でコロナ感染拡大の「第7波」を起こしていると思われる「BA.5」は、感染力や重症度が高く、ワクチン効果も効きにくい特性をもっていましたが、「BA.2.75」はこの「BA.5」よりも感染力が高くワクチンの効果も効きにくいそうです。アメリカの大学の研究によると、「BA.2.75」は、変異発生前の約5倍の感染力をもつと言われている「BA.5」よりも、さらに3.24倍の速度でインドで拡散しているとのことです。重症度についてはまだ判明していないそうですが、世界中での感染拡大は免れようがありません。

 6月24日には日本の隣の韓国でも初確認されました。感染者には渡航歴がないことが分かっており、すでに韓国国内で「BA.2.75」の感染拡大が始まっている可能性もあります。日本国内での感染も、もはや時間の問題という気がします。

 

 

 

 

人類vsコロナウイルスの戦いはいつまで続くのか

 猛威を振るうコロナウイルスに対し、人類はワクチン接種で対抗します。すると、ウイルスはワクチンが効かない変異種へと進化し、人類はさらに変異種に対するワクチンを開発します。

 こうした人類vsコロナウイルスの戦いも既に2年以上経過しました。一向に収束する気配のないコロナウイルスのしぶとさに嫌気がさしてきます。と同時に、コロナウイルスに対する薬やワクチンを研究・開発されている研究者の方々や、ワクチン接種や患者対応をされている医療従事者の方々に、本当に尊敬と感謝の念を抱いております。

 私個人ができることは、少しでも感染を広げないように感染防止策を徹底することや医療機関に負担をかけないよう自身の体調管理に気を付けることぐらいしかありませんん。人類全体がもう一度コロナウイルスと向き合って、感染拡大を防ぐことに全力を尽くし、この難局を乗り切れるよう願っております。