ニュース日和

様々なニュースを堪能しましょう

【雑記】高校野球奈良大会で優勝した天理高の心遣いに感動 

www.nikkansports.com

 

天理ナイン、V歓喜の輪作らず「喜ぶのはやめよう」体調不良続出の生駒に心遣い 監督は涙/奈良(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

 

 たまたま見かけて印象に残ったネット記事をご紹介します。

 

 今回は、日刊スポーツさんの記事で、夏の高校野球地方予選において、奈良大会の決勝戦で勝利した天理高校の選手の心温まるエピソードです。

 

 記事によると、奈良大会の決勝戦は、春夏合わせて3度の甲子園優勝を誇る名門・天理高校と、強豪・智弁学園を破り初の決勝進出を決めた県立生駒高校との対戦となりました。

 ところが、生駒高校で発熱など体調不良を訴える選手が続出し、決勝戦の直前になって主力選手12人が入れ替えとなる事態が起きてしまいました。生駒高校の野球部員の中には、コロナ陽性者もいたそうです。

 生駒高校のメンバーの入れ替えは、試合前の天理高校の選手にも伝わっていたそうですが、天理高校の監督は「勝負事で手を抜くのは失礼」と選手に全力で戦うよう伝えていたそうです。その結果、天理高校は21-0の大勝で夏の甲子園行きを決めました。

 通常、決勝戦で勝利した際には、選手全員がマウンドに集まって優勝の喜びを分かち合うのですが、今回、天理高校の選手はマウンドに集まることなく、すぐに整列に向かったそうです。また、天理高校の選手は9回2アウトの場面でタイムを取ってマウンドに集まり「試合後に喜ぶのはやめよう」と確認していたそうです。

 

 毎日の過酷な練習に耐え、念願の甲子園出場を決めた天理高校の選手は、誰もが喜びを爆発させたかったと思います。しかしながら、コロナの影響で主力選手が出場できず、全力を出し切れなかった生駒高校の選手に対して心遣いができたことは、甲子園出場と同等あるいはそれ以上に価値のあることだったと思います。

 また、天理高校の監督のおっしゃる通り、相手に同情して試合で手を抜く行為は、スポーツマンシップに反すると思います。監督の教えに従い、試合に全力で臨んだことも、大変素晴らしいと思いました。天理高校の選手たちには、生駒高校の選手たちの分まで甲子園で活躍してもらいたいです。

 

 高校野球ではプロ野球でも活躍しそうなスター選手に興味が行きがちですが、このような感動エピソードも積極的に報道してもらえると嬉しいです。