ニュース日和

様々なニュースを堪能しましょう

【雑記】横断歩道で歩行者に譲られたのに進行したら反則切符!?

youtu.be

youtu.be

(本件を解説するニュース動画)

youtu.be

 たまたま見かけて印象に残った動画をご紹介します。

 

 今回は藤吉修崇弁護士のYoutubeチャンネル「二番煎じと言われても」より、「横断歩道で歩行者に譲られて進行したら反則切符を切られた」という話です。(おおまかな事件の経緯については、3本目のANNnewsCHの動画をご参照ください。)

 

 この動画では、実際に反則切符を切られたAさんの代理人となられた藤吉弁護士と警察とのやり取りが公開されています。動画を見ていると「警察官が道路交通法の条文を正確に把握せずに取り締まりをしている」「一度違反と認定されたら撤回はできない」という理不尽さが伝わってきます。一般市民には威圧的に対応し、弁護士先生にはしどろもどろになる警察官の言動には、信頼感が全く感じられません。Aさんが本当に不憫です。

 

 Aさんと藤吉弁護士は、YoutubeTwitterなどで世論に訴えかけるとともに、警察署の署長にドライブレコーダーの映像を送るなどして処分の取り消しを求めました。その結果、7月25日付で処分が取り消されたそうです。警察が取り締まり処分を取り消すことは滅多にないそうで、SNSの影響力や弁護士の力に感服します。Aさんが個人的に抗議を繰り返しても、処分取り消しにはならなかったでしょう。Aさんが冤罪にならずに済んだことを喜ぶとともに、この件がきっかけで警察の適切な取り締まりが行われることを強く望んでいます。

 

「泣き寝入りしなくてよかった」 歩行者に道譲られたのに「反則切符」、警察が処分撤回するまでの1カ月(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース

 

youtu.be